動画編集ソフトの定番Premiere Proに最適なパソコンの選び方

CPUベンチマークの結果と結論 CPUはCore i9-12900Kがおすすめ

CPUはintel Core i9-12900KCore i7-12700KCore i5-12600Kがおすすめです。
性能はCore i9-12900Kが頭2つほど飛びぬけていてCore i7-12700K>Core i5-12600Kの順となり
速い処理を求めるならCore i9-12900K一択です。

GPUベンチマークの結果と結論 GPUはGeForce RTX 3080がおすすめ

ベンチマークの結果からGeForce RTX 3080がおすすめです コスト重視で選ぶならGPUスコアがGeForce RTX 3080がより13%低いですがGeForce RTX 3070となります。

Premiere ProがQuadroではなくGeForceで十分なのはOpenGLの機能をそれほど使用していないから

プロの映像制作者のおよそ9割が使用していると言われるAdobeの「Premiere Pro」はOpenGLの機能をそれほど使用していないので、OpenGLに最適化されているQuadroではなくGeForceで十分でありPremiere Proの為にQuadroを選択するのはコストパフォーマンスが悪くおすすめ出来ません、もちろん他の用途、例えばMayaなどプロフェッショナル向けソフトも使用するならQuadroの選択をおすすめします。

OpenGL は GPU によって実装される別の技術です。これは CUDA/OpenCL の例外ということではなく、全く別の技術ということです。CUDA/OpenCL を使用するカードは、特定の処理において OpenGL も使用することがあります。OpenGL は、たとえば 3D のレンダリングやスクリーンの描画を強化する際に使用されます。After Effects ではこの技術を使用する機能がいくつかありますが、Premiere Pro ではそれほど多くの機能では使用されていません。 CUDA/OpenCL/Mercury Playback Engine について(Adobe Premiere Pro)
  Premiere Pro用デスクトップパソコンを価格・性能比較で絞り込むはこちら

システム用、キャッシュ用、再生用、データ用=4台のSSDでパフォーマンスアップ!

  • 本格的なエンコードPCを構築する場合ストレージの構成も影響してきます 例えば全てSSDで下記の様な構成にすることでパーフォーマンスを向上する事が出来ます。
Premiere Pro用デスクトップパソコンを価格・性能比較で絞り込むはこちら