動画編集ソフトの定番Premiere Proに最適なパソコンの選び方

Premiere Proのベンチマークは動画編集ソフトの定番Premiere Proに最適なパソコンの選び方で詳細を説明しています

Premiere ProのCPUベンチマーク

Adobe Premiere Pro: AMD Ryzen 5000 Series CPU Performanceを参照しています。

テキト機材

テスト機材一覧
CPUメモリGPUSSD
AMD Threadripper 3990X
AMD Threadripper 3970X
AMD Threadripper 3960X
AMD Ryzen 9 5950X
AMD Ryzen 9 5900X
AMD Ryzen 7 5800X
AMD Ryzen 5 5600X
AMD Ryzen 9 3950X
AMD Ryzen 9 3900XT
AMD Ryzen 7 3800XT
AMD Ryzen 5 3600XT
Intel Core i9 10980XE
Intel Core i9 10940X
Intel Core i9 10920X
Intel Core i9 10900X
Intel Core i9 10900K
Intel Core i7 10700K
Intel Core i5 10600K
DDR4-3200 16GB×4(64GB)GeForce RTX 3080Samsung SSD 970 PRO 1TB

ベンチマーク結果

Ryzen Threadripper 3990X、3970X、3960Xがほぼ横並びでトップ3となった
続いてのRyzen 9 5950XThreadripperに迫る結果となりAMD優位な結果となった。

CPU
総合スコア
シーケンス再生スコア
メディアを出力保存
GPUスコア
参考価格

コスパ
{CPU_Codename}
{CPU_N}
{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}{CPU_C2_Unit}
{Link_01}
{Score_1}
{Score_2}
{Score_3}
{Score_4}
{Price}円
{COSPA_bar}

CPUベンチマークの結果と結論 CPUはRyzen 9 5900Xがおすすめ

性能を求めるならRyzen Threadripper 3960Xですが非常に高価なのを考えるとRyzen 9 5900Xがおすすめです。

Premiere ProのGPUベンチマーク

Adobe Premiere Pro - AMD Radeon RX 6900 XT Performance を参考にしています。

テスト機材

テスト機材一覧
GPUメモリCPUSSD
NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB
NVIDIA GeForce RTX 3080 OC 10GB
NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 118GB
AMD Radeon RX 6900 XT 16GB
AMD Radeon RX 6800 XT 16GB
AMD Radeon RX 6800 16GB
AMD Radeon RX 5700 XT 16GB
DDR4-3200 16GB×4(64GB)AMD Threadripper 3970XSamsung SSD 960 PRO 1TB

ベンチマーク結果

トップはGeForce RTX 3090、2番手がGeForce RTX 3090、3番手がGeForce RTX 3090とトップ3がNVIDIA GeForceで
メディアを出力保存ではRTX 3060 Tiでさえ Radeon 6900 XT を15%上回りAMDはNVIDIAにまだ追いつけません。

※CPU内蔵GPUのIntel HD 630は参考なので価格0円でコスパも0としています。

GPU 総合スコア
シーケンス再生スコア
メディアを出力保存
GPUスコア
参考価格

コスパ
{GPU}
{Link_01}
{G_Score_1}
{G_Score_2}
{G_Score_3}
{G_Score_4}
{Price}円
{COSPA_bar}

GPUベンチマークの結果と結論 GPUはGeForce RTX 3080がおすすめ

ベンチマークの結果からGeForce RTX 3080がおすすめです
コスト重視で選ぶならGPUスコアがGeForce RTX 3080がより13%低いですがGeForce RTX 3070となります。

Premiere ProがQuadroではなくGeForceで十分なのはOpenGLの機能をそれほど使用していないから

プロの映像制作者のおよそ9割が使用していると言われるAdobeの「Premiere Pro」はOpenGLの機能をそれほど使用していないので、OpenGLに最適化されているQuadroではなくGeForceで十分でありPremiere Proの為にQuadroを選択するのはコストパフォーマンスが悪くおすすめ出来ません、もちろん他の用途、例えばMayaなどプロフェッショナル向けソフトも使用するならQuadroの選択をおすすめします。

OpenGL は GPU によって実装される別の技術です。これは CUDA/OpenCL の例外ということではなく、全く別の技術ということです。CUDA/OpenCL を使用するカードは、特定の処理において OpenGL も使用することがあります。OpenGL は、たとえば 3D のレンダリングやスクリーンの描画を強化する際に使用されます。After Effects ではこの技術を使用する機能がいくつかありますが、Premiere Pro ではそれほど多くの機能では使用されていません。
CUDA/OpenCL/Mercury Playback Engine について(Adobe Premiere Pro)

 

動画編集用のデスクトップパソコンを価格・性能比較で絞り込むはこちら

システム用、キャッシュ用、再生用、データ用=4台のSSDでパフォーマンスアップ!

  • 本格的なエンコードPCを構築する場合ストレージの構成も影響してきます
    例えば全てSSDで下記の様な構成にすることでパーフォーマンスを向上する事が出来ます。

    • OS・アプリ用=1台 キャッシュ用=1台 再生・編集用(プレビューやエクスポート)=1台、データ用=1台
      SSD合計4台がパフォーマンスが高い構成。

動画編集用のデスクトップパソコンを価格・性能比較で絞り込むはこちら