1Gから5Gまで各世代別の通信システムと規格

移動通信システムの世代を「G」で表している 4Gとは第4世代

移動通信システムには2016年現在、第1世代移動通信システムから第4世代移動通信システムまで有り、
2020年の東京オリンピック迄に第5世代移動通信システム (5G)の実現をめざしている。「G」は「Generation(世代)」の意味で、
第3世代
移動通信システムを「3G」、第4世代移動通信システムを「4G」と呼んでいる。

主な移動通信システムの世代と通信規格・通信方式

世代通信システム代表的な規格名運用
1G第1世代移動通信システムNTT大容量方式(HiCAP):
初めて実用化されたアナログ方式の携帯電話に採用、
国内ではのドコモのアナログムーバなど
日本では終了
海外では現在も使用されている
2G第2世代移動通信システムPDC方式:
国内ではデジタル式を採用したNTTドコモのデジタルムーバなど
日本では終了
GSM:
世界で最も広く使用されてるGSMはFDD-TDMA方式で実現されている。海外使用の場合要チェック
日本・韓国などを除く国では広く使用されている
3G第3世代移動通信システムドコモW-CDMA:FOMAが採用している運用中
ソフトバンクW-CDMA:ソフトバンク3Gが採用している運用中
auCDMA2000 1x:採用しているサービス名も同じCDMA2000 1xだったが後にCDMA 1Xに改名終了
3.5G第3.5世代移動通信システム
(第3世代移動通信システムの 高速版で 正式な用語ではなく 便宜上用いられる)
ドコモ高速版W-CDMAのHSDPA方式:
FOMAハイスピードが採用している
運用中
ソフトバンク高速版W-CDMAのHSDPA、HSUPA方式を採用したソフトバンク3G ハイスピード
DC-HSDPA及びHSPA+を採用したULTRA SPEED
運用中
auCDMA2000 1x EV-DO Rel.0方式を採用したCDMA 1X WINはサービス名を「au 3G」に改名
高速化したCDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A方式を採用したWIN HIGH SPEED
運用中
3.9G第3.9世代移動通信システム
(第3世代移動通信システムを 高度化したもので
正式な用語ではなく LTEと同じ意味でも用いられる)
ドコモFDD-LTE:ドコモXiが採用運用中
ソフトバンクFDD-LTE:ソフトバンクSoftBank 4G LTEが採用
TD-LTEと互換のあるAXGPを採用したソフトバンクSoftBank 4G
運用中
auFDD-LTE:au 4G LTEが採用運用中
4G第4世代移動通信システムドコモLTE-Advanced:PREMIUM 4Gが採用運用中
ソフトバンクLTE-Advanced:SoftBank 4G LTE (CA)が採用
auLTE-Advanced:au 4G LTE(CA)が採用
5G第5世代移動通信システム10Gbps 以上の通信速度で2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて運用を目指す。運用予定

ソフトバンクの「SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G」auの「au 4G LTE」は3.9Gだった

2010年12月6日に国際電気通信連合はLTEを4Gと呼称することを認可したため、
3.9G規格の「SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G」auの「au 4G LTE」を4Gと呼んでいる、

一方、ドコモは3.9G規格ををXiと呼び「4G」の呼称は使わなかったが、LTE-Advancedを採用したPREMIUM 4Gを運用し名実ともに第4世代の4Gの呼称を使った。