ノートパソコン用GPU(ビデオ/グラフィック)カードの選び方

ノートのグラフィック選びはバッテリ駆動時間も関係する

  • ノートのグラフィック機能を選択する場合、バッテリの駆動時間を考えなければならない。
  • バッテリー駆動時間を重視するモバイルパソコンの場合はCPU内蔵グラフィックが適している。
  • 現在のCPU内蔵グラフィックは性能が良いので負荷のかかるゲームや画像・動画処理をしなければCPU内蔵グラフィックで十分対応できる 。
  • ゲームや画像・動画処理、など負荷のかかる作業が有る場合は単体グラフィックを選び、その作業内容により単体グラフィックの性能を決める。
←消費電力・性能=低い←→消費電力・性能=高い→
CPU内蔵グラフィック単体ビデオカード-ローエンド単体ビデオカード-ハイエンド

GPUでも画像を処理する

Photoshopは CPU の代わりにグラフィックカードに搭載されている GPU を使用して画面の描画速度を向上します。
負荷のかかる作業をする場合はミドルレンジ以上のグラフィックカードを選びます。
関連記事
ADOBE PHOTOSHOP CCの GPUで加速化した主要ツール
Photoshop CC で検証されたビデオカード

用途
メーカー
コードネーム
アーキテクチャ
GPUブランド名
GPUナンバー
GPUナンバー枝番
ベンチマーク値 価格 コストパフォーマンス等は並べ替える事が出来ます
メーカー
用途
発売日
モデルナンバー
アーキテクチャ
コードネーム
レビュー
SP数 動作周波数
定格

Boost
消費電力
ベンチマーク値
(PassMark)

3DMark Graphics Strike
参考価格

コスパ
{GPU_Maker}
{Use}
{Rdate}
{GPU_N_05}
{Architecture}
{GPU_Codename}
{Link_01}
{SP}{GPU_C}{GPU_C_Unit_1}
{GPU_C2}{GPU_C_Unit_2}
消費電力
{TDP}
PassMark
{GPU_B_1}

3DMark Graphics Strike
{GPU_B_2}
{Price}円
コスパ
{COSPA_bar}