ノートパソコン用ディスプレイの選び方

解像度や輝度、非光沢と光沢、大きさなどで液晶ディスプレイを選びます。

解像度で選ぶ

ノートで現在最も多い解像度はFHD (1920×1080)で、次にWXGAの1366×768です。

液晶ディスプレイの解像度

表示規格 WXGA WXGA++ フルHD WUXGA FHD+ QHD WQHD WQHD+ 4K
解像度 1366×768 1600 x 900 1920×1080 1920×1200 1920×1080 2160×1440 2560×1440 3200×1800 3840×2160
アスペクト比 16:9 16:9 16:9 16:10 3:2 3:2 16:9 16:9 16:9

FHD (1920×1080)とWXGA(1366×768)の違い

FHDの方が細かい文字が見やすく、写真や動画もディテールまでクリアな高精細画質

1366×768ドットの液晶が持つ105万画素と比べて、約2倍の207万画素の高解像度を実現。細かい文字が見やすく、写真や動画もディテールまでクリアな高精細画質で映しだします。

フルHD液晶*で写真も高精細

VAIOの高画質ノートPCで、美しい写真をもっと楽しむより

画面を広く使える

美しく見やすい高解像度液晶

高輝度液晶と従来液晶の違い

下記はソニーのVAIOを例にしてますが他のメーカーにも高輝度液晶がありますので鮮やかな画像・動画を楽しみたい方は高輝度液晶を選択してください。

従来のLEDよりも明るく鮮やかに表示するLEDを採用した高輝度液晶を搭載。”PlayMemories Home for VAIO”で管理している写真を美しく鮮明な画質で楽しめます。

写真を明るく鮮やかに楽しめる高輝度液晶*

非光沢と光沢の液晶

用途により非光沢と光沢を選びます、大手メーカー(NEC、VAIOなど)では独自のグレア液晶技術を使用した液晶ディスプレイが多くなっています。

ノングレア(非光沢・低反射)ワープロ、表計算ソフトにオススメ!

反射を抑える非光沢処理をした液晶なので目が疲れにくくなっています。ワープロ、表計算ソフト、インターネット閲覧など文字や表を見つめる作業に適しています。

グレア(光沢・高輝度)TVや動画、DVDを見るのにオススメ!

色鮮やかで明るい光沢処理をした液晶で、輝きのある色彩表現を楽しめます。TVやDVD鑑賞など映像クオリティを追求したいときに実力を発揮します。

ノートパソコンを画面の大きさで選ぶ

大きさ、画面、重量

従来ノートパソコンの大きさをA5、B5サイズなどで表現していましたが、サイズが多様化していますので、このページでは画面サイズで大きさを判断していきます。

一般的な画面サイズと重量の目安

←大きい(重い) 小さい(軽い)→
17型 15.5型 15型 14.1型 14型 13.3型 12.1型 10.6型
3.4kg 3.0kg 2.5kg 2.0kg 1.7kg 1.2kg
たまにしか持ち運ばない 持ち運ぶ事も 常時持ち運ぶ

ノートをメインで使用したいは15型以上のオールインワンタイプ

特別の場合以外(仕事で常に持ち歩くなど)14型以上、出来れば15型以上のノートパソコンがおすすめ、大画面でDVD等を楽しみたい場合は17型が良いでしょう。

携帯、持ち運びがメインの場合

  • 画面は13.3型、又は12.1型以下で重量は1~2kgと軽量です。