ノートパソコン用CPUの選び方

Intel製ノートPC用CPUの選び方

一般向けIntel製ノートPC向けCPUにはCeleron、Pentium、Core-i3、Core-i5、Core-i7があります
性能はCeleron < Pentium<Core-i3<Core-i5<Core-i7の順でCore-i7が最も高く価格も同じ順番になります。

小型で長時間のバッテリー稼働時間を前提としたモバイルPC、タブレット向けCPUには
Atom、Celeron-N、Pentium-N、Core-Mがあります
性能はAtom < Celeron-N < Pentium-N < Core-Mの順でCore-Mが最も高く価格も同じ順番になります。

インテルCeleronプロセッサー・ナンバーの見方

Celeronプロセッサー
※例上段:インテル Celeron-3205Uの場合
※例下段:インテル Celeron-N3050の場合
ブランドプリフィックスナンバーサフィックス
インテル Celeron3205U
インテル CeleronN3050
※CeleronはCPUの特徴を表す為に
プリフィックスが前に付くものとサフィックス後ろに付くものが有ります。

  • プリフィックス:N=モバイル用途向け
  • ナンバー:4桁の数字は大きいほど高性能
  • サフィックス:U=超低消費電力

詳しくはインテルのプロセッサー・ナンバーとはより

インテルCore iプロセッサー・ナンバーの見方

Core iプロセッサーファミリー
※例上段:インテル Core-i7-7820HKの場合
※例中段:インテル Core-i7-7700HQの場合
※例下段:インテル Core-i7-8550Uの場合
ブランドモディファイア世代
ナンバー
SKU
ナンバー
サフィックス
インテル Corei77820HK
インテル Corei77700HQ
インテル Corei78550U
  • モディファイア:ブランドの区別、i3・i5・i7 が有る性能は
    Core-i3<Core-i5<Core-i7の順でCore-i7が最も高い
  • 世代ナンバー:7=第7世代、8ならば第8世代となる
  • SKUナンバー:3桁の数字は大きいほど高性能
  • サフィックス:
    HK=ハイパフォーマンス・グラフィック、アンロック対応
    HQ= ハイパフォーマンス・グラフィック、クアッドコア
    U=超低消費電力
    その他にH=ハイパフォーマンス・グラフィック、等が有る

詳しくはインテルのプロセッサー・ナンバーとはより

ノートPC用のCPUは Intel・AMDのどちらを選ぶ?

デスクトップ用CPUと同じ事が言えるのですがAMDのRyzen登場後は
IntelのCore i5とAMDのRyzen 5 、IntelのCore i7とAMDのRyzen 7の性能が拮抗しており
どちらを選んでも問題ないと思いますが、流通量は圧倒的にIntelのCore iシリーズが多く
RyzenのモバイルCPU搭載ノートパソコンはかなり少ないです。

下記比較表はIntelとAMDの同クラスCPUの性能を比較したものです
TDPは同じ15W、発売時期が2017Q3以降でPassmarkベンチマーク値が7000~9000のCPUに絞りました。

用途
CPUメーカー
CPUコードネーム
CPU世代
CPUブランド名
CPUナンバー
CPUナンバー枝番

TDP ベンチマーク値 価格 コストパフォーマンスは並べ替える事が出来ます

メーカー
用途
発売日
コードネーム
モデルナンバー
レビュー
内蔵GPU
コア/スレッド
動作周波数
定格
最大
TDP
ベンチマーク値 PassMark
ベンチマーク値 CINEBENCH R15
シングルコア

マルチコア
参考価格
コスパ
{CPU_Maker}
{CPU_Type}
{Rdate}
{CPU_Codename}
{CPU_N}

{Link_01}

{GPU}
{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}{CPU_C2_Unit}
{TDP_U}={TDP_NV}{TDP_W}
{SDP_U}
{SDP_NV}{SDP_W}
{TDP_NV}{TDP_W}
PassMark
{CPU_B_PM}
CINEBENCH R15
シングルコア
{CPU_B_CB_R15_s}
マルチコア
{CPU_B_CB_R15_m}
{Price}円
コスパ
{COSPA_bar}