画像編集用のノートパソコンを価格・性能比較で絞り込む

  • 画像を処理するために有る程度速いCPUが必要
    出来れば6コア以上が理想ですが現状ノート用CPUで6コアは少ないので4コア以上で動作周波数が高いCPUがおすすめです。
  • 充分な作業用メモリーが必要で、容量は16GB以上欲しい。
  • グラフィックはチップセット内蔵でも構わないがチップセットまたはCPU内蔵型だと、一部の処理、作業で遅くなるため内蔵ではないタイプが良い。
  • Photoshopは CPU の代わりにグラフィックカードに搭載されている GPU を使用して画面の描画速度を向上します。
    負荷のかかる作業をする場合はミドルレンジ以上のグラフィックカードを選びます。

⇒画像編集ソフトの定番Photoshopに最適なパソコンの選び方はこちら

メーカー
季節モデル
OS
用途
形状
生体認証
画面サイズ
画面解像度
画面表面処理
タッチパネル
デジタイザー
CPUメーカー
CPUコードネーム
CPU世代
CPUブランド
CPUナンバー
メモリ容量GB
メモリ規格
ストレージタイプ
ストレージ容量
追加ストレージ
グラフィックス
光学ドライブ
無線LAN
無線WAN
有線LAN
USB3.0
USB3.1
USB3.2
Thunderbolt
HDMI
ディスプレイ出力
価格
総合性能値
ベンチマーク値 価格 コストパフォーマンス等は並べ替える事が出来ます
※CPU・メモリ・HDD・光学ドライブ、グラフィックなどのパーツ、OS・その他ソフトは変更出来ます
詳細は製品名をクリック
価格
コスパ
総合性能値
CPU仕様(F=周波数)
コア
スレッド
F定格
F最大
TDP
ベンチ
グラフィック仕様
ベンチ
メモリ仕様
ストレージ仕様
ベンチ
用途/形状
生体認証
ワイヤレスLAN/WAN
インターフェース
光学ドライブ
重量
バッテリ駆動時間
{Maker}
{Link_txt}{Link_img} {Season}モデル{OS}
{Display}型{HD}{Display_C}
{Price}円
コスパ={COSPA_bar}
{All_Benchmark} (総合性能値)
コードネーム={CPU_Codename}
{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_N}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}GHz
{TDP_U}
{TDP_NV}{TDP_W}

CPUベンチPassMark値
{CPU_B_PM}
{Video}
GPUベンチPassMark値
{GPU_B_1}
RAM={RAM_C}={RAM_Capa}GB
{Storage}
{Storage_Capa_GB}{Storage_Unit}
{Storage_Remarks}
SSDベンチPassMark値
{Storage_Benchmark}
{Use}/{Shape}
{sec}
無線LAN={WLAN}{DC}
{IF1}
{IF2} {IF3} {IF4} {IF5} {IF6} {IF7}

光学ドライブ={Drive}
重量={Weight}kg
バッテリ駆動時間={Battery}時間