画像編集ソフトの定番Photoshopに最適なパソコンの選び方

画像編集ソフトの定番Photoshopに最適なパソコンの選び方を解説します。

Photoshopスピードアップの基本はメモリ容量アップとSSDの使用

Photoshopをストレスなく使用する為に基本となるのはメモリ容量アップとストレージの高速化です。

CPUやGPUも、もちろん処理能力に関係しますが
基本は適切なメモリ容量選定とストレージの高速化から考えましょう、何故なら費用対効果が優れているからです。

メモリの推奨容量は32GB ストレージはSSD化する

  • 余裕を持ったメモリ容量の選定、推奨は32GB(高解像度画像を扱わない趣味レベルであれば16GBも可)
  • ストレージの高速化=ストレージをSSDにする

異なるメモリ容量とストレージでベンチマーク比較 やはりメモリ容量アップとSSD化で高速化した

下記のベンチマークはMac MiniでPhotoshop CS6を利用したdiglloydベンチマークの結果です。
OSの違いは有りますがWindowsでもほぼ同じ結果になると思われます。
【SSD(PCIe)+メモリ16GB】と【SSD(SATA)+メモリ8GB】では5倍以上の差がつきました。
この環境では32GBのメモリが認識されずテスト出来なかった様ですが32GBのメモリにする事で更にスピードが上がる可能性が高いと言っています。
Photoshop CS6のパフォーマンス – 16GBと8GB、SSDとHDD を参照

ストレージとメモリの構成 diglloydベンチマーク
SSD(PCIe)+メモリ16GB
23.0
100%
SSD(SATA)+メモリ16GB
30.2
76.2%
SSD(PCIe)+メモリ8GB
36.8
62.5%
HDD+メモリ16GB
59.8
38.5%
SSD(SATA)+メモリ8GB
62.0
37.1%
HDD+メモリ8GB
126.0
18.3%

Photoshop仮想記憶ディスクとLightroomカタログ用ストレージもSSDが良い

RAWファイルはSSD上に置く必要はないがPhotoshopファイル、Lightroomカタログ、スクラッチ、ACRキャッシュ等はSSDに保存する必要があるとなると、ある程度容量のあるSSDが必要になります。

RAWファイル等のデータ用ストレージは画像の量により1TBや2TBなどのHDDとします。

デジタルカメラのRAWファイルはSSD上に置く必要はありませんが、大きなPhotoshopファイル、Lightroomカタログ、スクラッチ、ACRキャッシュなどはすべてSSDに保存する必要があります。
Photoshop CS6のパフォーマンス – 16GBと8GB、SSDとHDD を参照

CPU別でPhotoShop2018CCとPhotoshop CC 2017ベンチマークを比較

このベンチマークはPuget Systems Photoshop CC 2018 Benchmarkを参考にしています

最新のPhotoShop2018CCベンチマークだけで主要CPUをベンチマークで比較出来れば良かったのですが
PhotoShop2018CCベンチマークではインテルCPUが6コアまでだったので6コア以上のインテルCPUのベンチマークがある
PhotoShop2017CCベンチマークも交えてベンチマークを比較します。

CPU別でPhotoShop2018CCベンチマークを比較

CPUコードネーム
CPUナンバー
ユーザレビュー
コア/スレッド
動作周波数
定格
最大
TDP
PhotoShop2018CC
参考価格

コスパ
{CPU_Codename}
{CPU_N}

{Link_01}

{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}{CPU_C2_Unit}
{TDP_U}={TDP_NV}{TDP_W}
{SDP_U}
{SDP_NV}{SDP_W}
{PS2018_ps}%
{Price}円
{COSPA_bar}

CPU別でPhotoshop CC 2017ベンチマークを比較

Photoshop CC 2017.1.1 CPU Performance: Core i7 8700K, i5 8600K, i3 8350を参考にしています
14コア 3.1~4.4GHzのCore i9 7940Xより6コア 3.7~4.7GHzのCore i7 8700Kのスコアが良い事がわかります。

先に説明した様に6コア以上で処理能力が頭打ちとなることがわかります。

CPUコードネーム
CPUナンバー
ユーザレビュー
コア/スレッド
動作周波数
定格
最大
TDP
HDR作成
画像結合
一般的編集の総合スコア
参考価格

コスパ
{CPU_Codename}
{CPU_N}

{Link_01}

{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}{CPU_C2_Unit}
{TDP_U}={TDP_NV}{TDP_W}
{SDP_U}
{SDP_NV}{SDP_W}
{HDR2017}%
{Photomerge2017}%
{GeneralActions2017}%
{Price}円
{COSPA_bar}

Photoshopに最適なCPUの結論 Core i7-8700Kがおすすめ

PhotoShop2018CCベンチマークを見ると6コア以上は処理速度に影響を与えない様です
そのことから6コア以上で動作周波数が高いCPUのベンチマーク値が高い事がわかります。
後述するPhotoshop CC 2017ベンチマークでは6コア以上で処理能力が頭打ちとなることが更にわかります。

結論、処理速度優先なら6コアで動作周波数が高いCore-i7-8700Kがおすすめです
予算を抑えたい場合はCore i5-8600K > Core i3-8350Kとランクを下げていきますが
処理能力も大雑把ですが10%づつ下がっていきますのでCore i5以上は欲しい所で
Photoshopの作業の重さによりCPUのランクを選びます。

GPU別でPhotoshopベンチマークを比較

QuadroがPhotoshop CC 2018ベンチマークにはなかったのでPhotoshop CC 2018と CC 2017両方のベンチマークを比較します
Puget Systems Photoshop CC 2018ベンチマーク
Photoshop CC 2017の NVIDIA GeForce GPUQuadro GPUを参考にしています。

GPU別でPhotoshop CC 2018ベンチマーク総合スコアを比較

総合スコア、フィルタースコアの両方ともCPU内蔵GPUと、ビデオカードのGPUで殆ど差がありません
これだけ見ると「CPU内蔵GPUで十分では?」と思われそうですが、個別のベンチマークを見ると、そうではないことが解ります。

総合スコアの内容

一般
  • 18MP .CR2 RAW画像を開く
  • 500MBにリサイズ
  • 回転
  • 自動選択ツール
  • 塗りつぶし
  • グラデーション
  • Camera Rawフィルタ
  • PSDファイルの保存
  • PSDファイルを開く
フィルタ
  • Camera Rawフィルタ
  • レンズ補正フィルター
  • スマートシャープ
  • フィールドぼかし
  • チルトシフトぼかし
  • 虹彩絞りぼかし
  • 広角補正フィルター
  • ゆがみフィルター
画像結合
  • 6x 22MP .CR2 RAW画像結合
  • 6x 45MP .NEF RAW画像結合

総合スコアは一般 – 40%、フィルタ – 40%、画像結合 – 20%
GPUスコアは回転、、スマートシャープ、フィールドぼかし、チルトシフトぼかし、虹彩絞りぼかしの平均です

※並び替えはPhotoshop CC 2018その他スコアと連動しています
GPU 総合スコア
フィルタスコア
画像結合スコア
GPUスコア
{GPU}

{Link_01}

{General_Score_2018}%
{Filter_Score_2018}%
{Photomerge_Score_2018}%
{GPU_Score_2018}%

GPU別でPhotoshop CC 2018個別ベンチマークを比較

下記ベンチマーク比較表は
RAWファイルを開く、回転、自動選択ツール、塗りつぶし、グラデーション、PSDファイルの保存、PSDファイルを開く、Camera Rawフィルタ、レンズ補正フィルター、ノイズを軽減、広角補正フィルター、ゆがみフィルター、3Dレンダリング、などのタスクはIntel HD 630とGTX 1080 Tiの差が10%以下なので省略しました。

総合スコア、フィルタースコアではGPUでの差が殆どありませんでしたが
下記比較表のビデオカードを最大限に活用するタスク、虹彩絞りぼかし、チルトシフトぼかし、フィールドぼかし、スマートシャープ、とくに500MBにリサイズではGPUにより差が出ました

※並び替えはPhotoshop CC 2018その他スコアと連動しています
GPU 虹彩絞りぼかし
チルトシフトぼかし
フィールドぼかし
スマートシャープ
500MBにリサイズ
{GPU}

{Link_01}

{Iris_Blur_2018}%
{Tilt-Shift_Blur_2018}%
{Field_Blur_2018}%
{Smart_Sharpen_2018}%
{Resize_to_500MB_2018}%

Intel HD 630とGTX 1080 Tiの差が最も開いた項目は「500MBにリサイズ」でした。

リサイズはPhotoshopで頻繁に行われる作業です、RAW現像にも関係します
ですので高解像度の画像ファイルを多く取り扱う場合、例えば何十枚もまとめてRAW現像をする場合など
「500MBにリサイズ」80.8%のGTX 1060がコストパフォーマンスに優れています
「500MBにリサイズ」でGTX 1060より12%速いGTX 1070おすすめです

予算に余裕があればGTX 1080でも良いと思いますが、それ以上のビデオカードは処理能力が頭打ちとなりコストパフォーマンスが悪くオススメ出来ません。

逆に何十枚もまとめてRAW現像をしないなど大容量ファイルを取り扱わない場合はGTX 1050、GTX 1050Tiでも十分と思われます。

GPU別でPhotoshop CC 2017ベンチマークを比較

QuadroはPhotoshop CC 2018ベンチマークにはなかったのでPhotoshop CC 2017ベンチマークも比較します

Photoshop CC 2017ぼかし系フィルタのベンチマーク

ビデオカードを最大限に活用するぼかし系フィルタ、虹彩絞りぼかし、チルトシフトぼかし、フィールドぼかしのベンチマークです。

※並び替えはPhotoshop CC 2017その他スコアと連動しています
GPU チルトシフトぼかし
虹彩絞りぼかし
フィールドぼかし
{GPU}

{Link_01}

{Tilt-Shift_Blur_2017}秒
{Tilt-Shift_Blur_2017_bar}%
{Iris_Blur_2017}秒
{Iris_Blur_2017_bar}%
{Field_Blur_2017}秒
{Field_Blur_2017_bar}%

Photoshop CC 2017その他タスクのベンチマーク

下記ベンチマークではスマートシャープがGPU別で差が開きましたが、画像サイズ解像度変更は差がありません。

※並び替えはPhotoshop CC 2017その他スコアと連動しています
GPU スマートシャープ
樹木の自動生成
照明効果フィルター
Raw現像補正
画像サイズ解像度変更
{GPU}

{Link_01}

{Smart_Sharpen_2017}秒
{Smart_Sharpen_2017_bar}%
{RenderTree_2017}秒
{RenderTree_2017_bar}%
{LightingEffect_2017}秒
{LightingEffect_2017_bar}%
{CameraRawFiiter_2017}秒
{CameraRawFiiter_2017_bar}%
{ImageSize_2017}秒
{ImageSize_2017_bar}%

Photoshop CC 2017の平均ベンチマーク

GeForce GTX 1080とQuadro P 6000、GeForce GTX 1070と1060の中間がQuadro P 5000となりました
コストパフォーマンスを考えるとPhotoshopの場合GeForce系がおすすめです。

※並び替えはPhotoshop CC 2017その他スコアと連動しています
GPU 平均スコア
{GPU}

{Link_01}

{AvgGPU_2017}%

PhotoshopにおけるビデオカードGPUの必要性

Photoshopは CPU の代わりにGPUを使用して画像処理速度を向上します。
殆どの場面でCPU内蔵GPUと、ビデオカードのGPUで処理能力の差はありませんが
一部の処理や作業時で大きな差が出ます、高解像度の画像を編集、現像する様な用途は差が出るので別途ビデオカードを搭載する事をおすすめします。

Photoshopに最適なGPUの結論 GeForce GTX 1060又は GTX 1070がおすすめ

殆どの場面でCPU内蔵GPUと、ビデオカードのGPUで処理能力の差は少ないですが
一部のタスクでは大きな差が開きますので
GeForce GTX 1060又は GTX 1070おすすめ
予算が少ない場合は性能は若干下がりますがGTX 1050や1050 Tiがおすすめです。

予算に余裕があり数パーセントでも速くしたいならGTX 1070 Ti 又はGTX 1080もありですが費用対効果が悪いので
Premiere Proも使う様な場合以外はおすすめできません。

Quadroもコストパフォーマンスを考えるとおすすめ出来ません。

Photoshopに最適なパソコン構成の結論とまとめ

  • メモリ容量の推奨は32GBで高解像度画像を扱わない趣味レベルであれば16GBも可
  • ストレージの高速化=ストレージをSSDにする
  • CPUは速度優先ならCore i7 8700K コスパ優先ならCore i5-8600K
  • ビデオカードはGeForce GTX 1060又は GTX 1070がオススメ