Windows10のエディション比較と選び方

最初に結論から、基本はWindows 10 Home、ビジネス用途ならWindows 10 Pro

最初にザクっした選び方ですが基本はWindows 10 HomeでOK、ビジネス用途ならWindows 10 Proとなります
その理由とその他を解説します。

Windows10は2種類

Windows10のエディションは『Windows 10 Home』と『Windows 10 Pro』の2種類です。

Windows10 販売形態には、OEM版、DSP版、パッケージ版の3種類ある

OEM版とは

メーカー製PCなど、はじめからインストールされ提供される、そのパソコンでしか使用出来ない。
ノートパソコンの場合多くがこのOEM版となる為、再インストールは購入したパソコンのみとなる。

DSP版とは

DSP版はパソコンパーツとセット販売され、そのパーツが組み込まれたパソコンのみインストールが出来る。
セット購入したパーツを使用する限り 違う構成になっても再インストール出来るが、そのパーツを使用しない、又は壊れれた場合は再インストール出来ない。
自作デスクトップパソコンはDSP版を購入する場合が多いので上記の事を考慮し、次のパソコンでも使いまわせ、かつ壊れにくい(使用頻度が少ない)パーツを選ぶのが良い。
セット品でHDDやSSDも多いが、将来構成変更し自作する場合、新しいHDD、SSDを使用する場合が多いのでUSBカード等が良いかと思われます。

パッケージ版とは

パッケージ版は、1つのパッケージに32bit版と64bit版が同梱され、DSP版と異なり単品購入が可能、つまりパーツとの紐付きがないので自由な構成でインスール、再インストール出来る、私のデスクトップパソコンはPCパーツ構成変更が結構あるのでWindows Proのパッケージ版を購入しています

販売形態での比較表

OEM版 DSP版 パッケーシ版
価格 PCの価格に入っている 安い 高い
32bit or 64bit 購入したPCによる 購入時にどちらか選ぶ 32bit版と64bit版が同梱
再インストール 購入したPCのみ可能 セット購入したパーツとの組合せのみ可能 PC構成に関係なく可能

Windows 10Home、Proの主な機能比較

主要機能 Windows 10 Home Windows 10 Pro
Windowsの基本機能
ドメイン参加 ×
Azure Active Directory ドメイン参加とクラウドにホストされたアプリへのシングル サインオン ×
Internet Explorer のエンタープライズ モード (EMIE) ×
リモート デスクトップ ×
クライアント Hyper-V ×
生産性 & ユーザー エクスペリエンス
スマートフォン用の Continuum
Cortana
スタート メニューとライブ タイル
タブレット モード
音声、手描き、タッチ、ジェスチャ
Microsoft Edge
セキュリティー
Windows Hello
Windows Hello コンパニオン デバイス
Windows Information Protection ×
デバイスの暗号化
BitLocker ×
トラスト ブート
Windows デバイス正常性構成証明サービス
ゲーム
Xbox アプリ
Xbox コントローラーのサポート (有線)
DirectX 12 グラフィックのサポート
ゲーム ストリーミング (Xbox One から PC へ)
ゲーム録画機能
ビジネス
グループ ポリシー ×
モバイル デバイスの管理
Enterprise State Roaming と Azure Active Directory ×
割り当てられたアクセス ×
動的プロビジョニング ×
ビジネス向け Windows Update(Windows Update for Business) ×
共有 PC 構成 ×
テスト受験 ×

結論、何を購入すればいいのか?

主な目的別の選択例

ビジネス用途

社内ネットワークでドメイン参加させて使用するならWindows 10 Pro、つまりビジネス用途ならWindows 10 Proとなり、
その為一般的に、ビジネス用途ならWindows 10 Proビジネス以外なら Windows 10 Homeで良いと考えられます。

リモート デスクトップの使用

リモート デスクトップで「操作される側」=「ホスト」は、Windows 10 Pro、「操作する側」=「クライアント」はWindows 10 Homeでも可
例えばデスクトップパソコンが「ホスト」ならWindows 10 Pro、ノートパソコンが「クライアント」ならWindows 10 Home