ノートパソコン用メモリの選び方





無題ドキュメント

メモリの役割

CPUとハードディスクがデータのやり取りをいていては動作が遅くなるので、一時的にデータを高速なメモリに保存しやり取りをする事で高速化を図っています。

メモリの容量が多いほど、複数ソフトを同時に動かしたり、重いソフトでも速く安定して動かす事が出来ます。

現在主流のメモリ規格にはDDR3 SDRAMとDDR4 SDRAMがあります。

ノートパソコンのメモリには低電圧版のDDR3Lやモバイル用のLPDDR3も使われます。

メモリの選び方

動作周波数の高いメモリを多く搭載しているパソコンが高性能なパソコンといえます。

基本は必要なメモリ容量を確保する事が基本ですがメモリ速度も考える構成もが有りま

まずはメモリ容量を決める

先程も述べましたが基本は必要なメモリ容量を確保する事が基本です、必要とされるメモリ容量以上を選びます。

メモリ容量が足りなくなると一気にパソコンのパフォーマンスが低下しますので余裕を持ったメモリ容量としてください。

メモリの使用率を調べてみた

ノートパソコンの仕様

  • CPU=COre i5 7200U
  • GPU= インテル HD グラフィックス 620
  • メモリ=8GB
  • ストレージ=SSD 128GB
ノートパソコンで複数アプリを起動させアイドル状態でのメモリ使用率です

YouTubeで音楽を聴きながら、ウイルスソフトの更新、ワードとMicrosoft Edgeを開いてます
メモリを8B搭載し56%使用率なので、8×0.56=4.48GB使用しています。

YouTubeで音楽を聴きながら他の作業をする場合4GBでは足りませんね。

ノートパソコンメモリ使用率

メモリ容量の目安

現在使用しているノートパソコンが有るのであればタスクマネージャーで確認してください 。

また使用するアプリによってもメモリ使用量が異なりのでタスクマネージャーで確認してください 。

用途 容量
Eメールやインターネット閲覧、オフィスソフト 4GB
複数プログラムの同時起動、一般的な画像編集、ゲーム、エンコード 8GB以上
フォトレタッチソフト(Photoshop等)で巨大な画像ファイルを扱う場合 16GB以上

またWindows 10のメモリシステム要件は、32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GBとなっています。

主要なメインメモリーの規格一覧表

ノートの場合バッテリーでの駆動時間も重要なので低電圧のDDR3L-SDRAMを使用するノートパソコンが多い。

通常の DDR3 が 1.5V 駆動に対しDDR3L は 1.35V駆動です。

またLPDDR(Low Power DDR )は1.2V駆動と更に低電圧となっている。

メモリ規格 メモリモジュールの規格 メモリチップの規格
動作周波数
最大データ
転送速度
DDR SDRAM PC2700 DDR333 333MHz 2.7GB/sec
PC3200 DDR400 400MHz 3.2GB/sec
DDR2 SDRAM PC2-3200 DDR2-400 400MHz 3.2GB/sec
PC2-4200 DDR2-533 533MHz 4.2GB/sec
PC2-5300 DDR2-667 667MHz 5.3GB/sec
DDR3 SDRAM PC3-8500 DDR3-1066 1066MHz 8.5GB/s
PC3-10600 DDR3-1333 1333MHz 10.67GB/s
PC3-12800 DDR3-1600 1600MHz 12.8GB/s
PC3-17000 DDR3-2133 2133MHz 17.06GB/s
PC3-19200 DDR3-2400 2400MHz 19.2GB/s
PC3-21300 DDR3-2666 2666MHz 21.3GB/s
DDR3L-SDRAM(低電圧) PC3L-12800 DDR3L-1600 1600MHz 12.8GB/s
DDR4 SDRAM PC4-17000 DDR4-2133 2133MHz 17.06GB/s
PC4-19200 DDR4-2400 2400MHz 19.2GB/s
PC4-21300 DDR4-2666 2666MHz 21.3GB/s

デュアルチャネルとトリプルチャネル

デュアルチャンネルはメモリを2枚1組で使って転送速度を倍にする技術、データの処理をさらに高速化する事が出来ます。
2枚のメモリを組み合わせて、データを分散して処理を行い、データのやり取りの速度を向上させるもので、現在のノートパソコンはデュアルチャンネルが主流です。

トリプルチャネルはメモリを3枚組み合わせて、さらにデータ転送の高速化を計る技術です。

しかしデュアルチャネルとトリプルチャネルの性能差を実際体感が出来るかというと、体感出来る程でもないと言えます

また現在ノートパソコンはトリプルチャネルに対応していません、トリプルチャネル対応はデスクトップパソコンのみです。

Windows10のエディションと32bitと64bitの違いで認識する最大メモリ容量

OS 認識する最大の物理メモリ容量(32bit) 認識する最大の物理メモリ容量(64bit)
Windows 10 Home 4GB 128GB
Windows 10 Pro 4GB 2TB