画像編集ソフトの比較と選び方

画像編集ソフトの定番Photoshop

デジタル画像編集ソフトの定番にはAdobe社の

  • Photoshop
  • Photoshop Lightroom
  • Photoshop Elements

の3つが有り、この3つのソフトでデジタル画像編集は決まりで問題はどれを選ぶかです。
そこでPhotoshop、Photoshop Lightroom、Photoshop Elementsの違いを説明します。

Photoshopの特徴

プロフェッショナルユーザ向けのより高度な編集機能を備えた画像編集のためのソフトウェアです。プロフェッショナル業界標準のデジタル画像編集アプリケーションとなっています。
Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom の違いについてより

Photoshopは画像編集に特化したソフト

つまり Photoshopは画像編集に特化したソフトで写真の編集現像だけではなく、様々な画像の加工や編集が出来ます。
私もホームページの作成等で使用してますが画像の加工やアイコンの作成など何でも編集可能で
プロの現場では殆どの人が使用する画像編集の世界標準ソフトと言えます。
もちろんデジカメの写真もデジタル画像ですからPhotoshopで加工編集が出来ます。
一枚の写真をとことん作りこむには最高のソフトですが写真の管理機能は殆どありません。

Photoshopは、こんな方に最適

  • プロフォトグラファー
  • アマチュアカメラマン(上級者)
  • WEBデザイナー

Lightroomの特徴

Photoshop Lightroom は、主に大量の RAW 画像を扱うユーザ(プロの写真家、デジタル一眼レフユーザ)向けです。

撮影後のスムーズなデジタル写真処理のワークフローを実現できるように設計されています。Photoshop Lightroom を使用することにより、デジタル写真を簡単に整理、管理、現像、プリントおよび公開することができます。大量の写真を扱う場合も、手軽に写真の転送・処理 が可能です。
Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom の違いについてより

Lightroomは写真に特化したソフト

Photoshopは画像編集に特化したソフトですが、
Lightroomはデジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像の取り込み、編集、管理、出力する写真に特化したソフトです。

Lightroomの得意分野

また、大量撮影した写真を管理するのに最適ですが、簡単な編集も可能です。

また、Lightroomは複数の写真の合成や細かい編集は出来ないので、写真を精密に編集する場合Lightroomで管理し選んだ写真を連携しているPhotoshopに渡し編集する事になります。
逆に、Lightroomが管理している大量撮影した写真から現像する写真を選び、複数の写真を一括補正して現像するのであればLightroomが最適です。

Photoshopと緊密に連携

先に説明したように何百枚と撮影した写真はPhotoshop で管理するのは難しい為、
管理機能に優れた Lightroomで大量の写真を管理し、その中から選択した1 枚または複数の写真を Photoshopで自動的に開き、高度で詳細な画像編集を行ったら、Lightroomに戻って作品を管理する流れとなります。

何百枚も撮影した写真から現像する写真を選び補正しプリントする事が出来るプロカメラマン必須のソフトです。
もちろん枚数の多い写真を管理し現像するであればアマチュアカメラマンにもオススメします。

Lightroomは、こんな方に最適

  • プロフォトグラファー
  • アマチュアカメラマン(上級者)

Photoshop Elementsの特徴

デジタル写真の整理、編集、公開を行うことができる初心者にも扱いやすいオールインワンのデジタル画像編集ソフトです。誰もが使える画像編集ソフトウェアとして、ツールヒントや作り方パレットなどのサポート機能を強化し、さらに写真管理機能が装備されています。
Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom の違いについてより

Photoshopの機能を簡略化し、写真の管理機能も有るデジタル画像編集ソフトで
写真の整理、加工、公開までオールマイティーに処理出来ますので通常の画像編集であればこれで十分と言えます。

つまり個人レベルの編集ならPhotoshop Elements で十分で、
プロ並みの精密な編集をするなら Photoshop が必要となります。
一般的な写真管理、画像編集をする方にオススメのソフトです。

Photoshop Elementsは、こんな方に最適

  • アマチュアカメラマン(初級~中級者)

Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom機能比較一覧

Photoshop CC 2015、Photoshop Lightroom CC/6、Photoshop Elements 13の機能比較です
少し古いバージョンの比較ですがPhotoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroomの機能の違いを理解しやすいので紹介します。

Photoshop CC 2015Photoshop Lightroom CC/6Photoshop Elements 13
[ 画像編集 ]
シャドウ、照明、マテリアル、ペイントにより 3D 画像を編集
コンテンツに応じるツールで魔法のようにレタッチ
インテリジェントな選択ツール、マスクツール
高度な HDR 画像編集および HDR トーン
パペットワープで画像オブジェクトを正確に再配置
ぼかしギャラリーで写真のようなぼかし効果を作成
非破壊画像編集
ハイライトとシャドウの復元
選択範囲を編集できるブラシで写真の特定の領域を調整
複数の画像をワンクリックで一括補正
Photomerge により完璧な集合写真や適正な露光の写真を自動作成
白い歯をより白く、青い空をより青く、ワンステップで補正
スマートブラシで写真の特定の領域に塗り足すように効果を適用
ステップバイステップのガイドに従って編集
[ 創造的にデザイン ]
3D オブジェクトを写真に簡単に合成
文字などから 3D 押し出しを簡単に作成
3D モデルに直接ペイント
新しい文字スタイルやベクトルレイヤーなどのパワフルなデザインツール
表現力豊かなペイントツール
直感的にビデオを作成・編集
洗練されたフォトブックを作成
フォトコラージュ、カード、カレンダーなどを柔軟に作成
[ 共有と公開 ]
PSD、PDF、JPEG など、多彩な形式の画像ファイルを書き出し
Adobe Flash Player で表示可能な Web 用の高解像度画像を書き出し
HTML または Flash Player に対応した Web ギャラリー
カスタマイズ可能なプリントパッケージ
ワンクリックで Web サイトに公開
写真やビデオクリップを Facebook などのソーシャルメディアサイトに簡単に投稿
[ 画像管理 ]
Adobe Bridge でメディアを管理
Adobe Mini Bridge パネルを使用して Photoshop から簡単にファイルにアクセス
撮りためた大量の写真とビデオを管理するパワフルなライブラリ
メタデータタグをはじめ、拡充された画像管理ツール
撮影場所に基づいて写真を整理
オフラインの写真を管理
視覚的なキーワードタグやアルバムでわかりやすく整理
写真に写っている人物の識別とオブジェクトの検索を自動的に実行
Facebook の友達リストを使用して、写っている人の顔にタグ付け
素材のタグ付けを自動的に実行し、最高品質の写真やビデオをすばやく検索
[ 画像解析 ]
量的データの抽出
DICOM ファイルのサポート

Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom の違いについてより引用