過去のインテル製デスクトップ用CPUを仕様・スペックで比較

目次

Intel製のデスクトップ向けHaswell-E以前のCPUスペック比較表

開発コードネーム「Haswell-E」

「Haswell-E」Core i7-5000シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド CPU動作周波数 メモリー
種類
メモリーチャンネル
GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-5960X 8/16 3.0GHz 3.5GHz DDR4-
1333
1600
2133

4

なし 20MB 140W LGA2011-v3
Core i7-5930K 6/12 3.5GHz 3.7GHz 15MB 140W
Core i7-5820K 6/12 3.3Ghz 3.6Ghz 15MB 140W

開発コードネーム「Devil’s Canyon」

「Devil’s Canyon」Core i5/i7-4090シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド CPU動作周波数 メモリー
種類
メモリー
チャネル数
GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-4790K 4/8 4.0GHz 4.4GHz DDR3-
1333
1600
2 HD4600 8MB 88W LGA1150
Core i5-4690K 4/4 3.5Ghz 3.9Ghz HD4600 6MB 88W

開発コードネーム「Haswell Refresh」

「Haswell Refresh」Core i5/i7-4000シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド CPU動作周波数 GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-4790 4/8 3.6GHz 4.0GHz HD4600 8MB 84W LGA1150
Core i7-4790S 3.2GHz 4.0GHz 65W
Core i7-4790T 2.7Ghz 3.9Ghz 45W
Core i7-4785T 2.2Ghz 3.2Ghz 35W
22nm Core i5-4690 4/4 3.5Ghz 3.9Ghz HD4600 6MB 84W LGA1150
Core i5-4590 3.3Ghz 3.7Ghz 84W
Core i5-4690S 3.2Ghz 3.9Ghz 65W
Core i5-4460 3.2GHz 3.4GHz 84W
Core i5-4590S 3.0GHz 3.7Ghz 65W
Core i5-4460S 2.9GHz 3.4GHz 65W
Core i5-4690T 2.5GHz 3.5Ghz 45W
Core i5-4590T 2.0GHz 3.0GHz 35W
Core i5-4490T 1.7GHz 2.7GHz 35W
22nm Core i3-4360 2/4 3.7Ghz HD4600 4MB 54W LGA1150
Core i3-4350 3.6GHz HD4600 4MB 54W
Core i3-4150 3.5Ghz HD4400 3MB 54W
Core i3-4350T 3.1GHz HD4600 4MB 35W
Core i3-4150T 3.0GHz HD4400 3MB 35W

開発コードネーム「Haswell」

「Haswell」Core i5/i7-4000シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド CPU動作周波数 GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-4770K 4/8 3.5GHz 3.9GHz HD4600 8MB 84W LGA1150
Core i7-4770 3.4GHz 3.9GHz 84W
Core i7-4770S 3.1GHz 3.9GHz 65W
Core i7-4770T 2.5GHz 3.7GHz 45W
Core i7-4765T 2.0GHz 3.0GHz 35W
Core i5-4670K 4/4 3.4GHz 3.8GHz HD4600 6MB 84W
Core i5-4670 3.4Ghz 3.8Ghz 84W
Core i7-4770S 3.1Ghz 3.8Ghz 65W
Core i5-4670T 2.3GHz 3.3GHz 45W
Core i5-4570 4/4 3.2Ghz 3.6Ghz HD4600 6MB 84W
Core i5-4570S 2.9Ghz 3.6Ghz 65W
Core i5-4570T 2/4 2.9GHz 3.6GHz 4MB 35W
Core i5-4440 4/4 3.1GHz 3.3GHz HD4600 6MB 84W
Core i5-4440S 2.8GHz 3.3GHz 65W
Core i5-4430 3.0GHz 3.2GHz 84W
Core i5-4430S 2.7GHz 3.2GHz 65W
Core i3-4340 2/4 3.6GHz HD4600 4MB 54W
Core i3-4330 2/4 3.5GHz HD4600 4MB 54W
Core i3-4130 2/4 3.4GHz HD4400 3MB 54W

「Haswell」Celeronシリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド HT CPU動作周波数 GPU キャッシュ TDP ソケット
22nm Celeron-G1840 2/2 × 2.8GHz HD Graphics 2MB 53W LGA1150

開発コードネーム「Ivy Bridge E」

「Ivy Bridge E」Core i7シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド CPU動作周波数 メモリー
種類
メモリー
チャネル数
GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-4960X
Extreme Edition
6/12 3.6GHz 4.0GHz DDR4-
1333
1600
1866
4 なし 15MB 130W LGA2011
Core i7-4930K 6/12 3.4GHz 3.9GHz 12MB 130W
Core i7-4820K 4/8 3.7Ghz 3.9Ghz 10MB 130W

開発コードネーム「Ivy Bridge」Core i5/i7-3000シリーズ

「Ivy Bridge」Core i3/i5/i7-3000シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド HT CPU動作周波数 GPU キャッシュ TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
22nm Core i7-3770K 4/8 3.5GHz 3.9GHz HD4000 8MB 77W LGA1155
Core i7-3770 3.4GHz 3.9GHz 77W
Core i7-3770S 3.1GHz 3.9GHz 65W
Core i7-3770T 2.5GHz 3.7GHz 45W
Core i5-3570K 4/4 × 3.4GHz 3.8GHz HD4000 6MB 77W
Core i5-3570 3.4Ghz 3.8Ghz HD2500 77W
Core i5-3570T 2.3GHz 3.3GHz 45W
Core i5-3550 3.3GHz 3.7GHz 77W
Core i5-3550S 3.0GHz 3.7GHz 65W
Core i5-3470 3.2GHz 3.6GHz 77W
Core i5-3450 3.1GHz 3.5GHz 77W
Core i5-3450S 2.8GHz 3.5GHz 65W
Core-i5-3330S 2.7GHz 3.2GHz 65W
Core-i5-3330 3.0GHz 3.2GHz 77W
Core-i3-3250 2/4 3.5GHz HD2500 3MB 55W
Core-i3-3245 2/4 3.4GHz HD4000 3MB 55W
Core-i3-3240 2/4 3.4GHz HD2500 3MB 55W
Core-i3-3225 2/4 3.3GHz HD4000 3MB 55W
Core-i3-3220 2/4 3.3GHz HD2500 3MB 55W

開発コードネーム「Sandy Bridge-E」Core i7-3000シリーズ

「Sandy Bridge」Core i7-3000シリーズラインナップと比較表

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド HT CPU動作周波数 GPU インテル
スマート
キャッシュ
TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
32nm Core i7-3970X Extreme Edition 6/12 3.5GHz
(倍率可変)
4.0GHz
(倍率可変)
なし 15MB 150W LGA2011
Core i7-3960X Extreme Edition 6/12 3.3GHz
(倍率可変)
3.9GHz
(倍率可変)
15MB 130W
Core i7-3930K 6/12 3.2GHz
(倍率可変)
3.8GHz
(倍率可変)
12MB 130W
Core i7-3820 4/8 3.6GHz 3.9GHz 10MB 130W

コードネーム「Sandy Bridge」Core i3/5/7-2000シリーズ Celeronシリーズ

コードネーム「Sandy Bridge」Core i3/5/7-2000シリーズ、内蔵GPUは更に性能が向上し旧Clarkdale比でHD 2000が28%増しHD 3000は109%増しと大幅な性能向上が図られた、ソケットはLGA1155に変更された。

主な改良点と新機能
CPUコアとGPUコアを1つのダイに統合し、グラフィック性能を大幅に強化 。
ハードウェアエンコードをサポートする「クイック・シンク・ビデオ」(Quick Sync Video)の実装。
浮動小数点演算を多用するアプリケーションを高速化する新命令セット「インテル アドバンスド・ベクター・エクステンション」(Intel AVX(Advanced Vector Extension))のサポート。
ターボ・ブースト・テクノロジー2.0」の導入。

開発コードネーム「Sandy Bridge」Core i3/5/7-2000シリーズラインナップと比較表

この色は倍率可変、この色この色は薄型スリムPC向け

製造
プロセス
プロセッサ
ナンバ
コア/スレッド HT CPU動作周波数 GPU インテル
スマート
キャッシュ
TDP ソケット
定格 Turbo Boost時
32nm Core-i7-2700K 4/8 3.5GHz 3.9GHz HD 3000 8MB 95W LGA1155
Core-i7-2600K 3.4GHz 3.8GHz HD 3000
Core-i7-2600 3.4GHz 3.8GHz HD 2000
Core-i7-2600S 2.8GHz 3.8GHz 65W
Core-i5-2500K 4/4 × 3.5GHz 3.7GHz HD 3000 6MB
Core-i5-2500 3.5GHz 3.7GHz HD 2000
Core-i5-2500S 2.7GHz 3.7GHz
Core-i5-2500T 2.3GHz 3.3GHz 45W
Core-i5-2400 3.1GHz 3.4GHz 65W
Core-i5-2400S 2.5GHz 3.3GHz
Core-i5-2390T 2/4 2.7GHz 3.5GHz 3MB 35W
Core-i5-2300 4/4 × 2.8GHz 3.1GHz 6MB 95W
Core-i3-2120 2/4 3.3GHz 3MB 65W
Core-i3-2100 2.93GHz
Core-i3-2100T 2.5GHz 35W
Celeron-G550 2/2 × 2.6GHz HD 2000 2MB 65W
Celeron-G540 2.5GHz
Celeron-G530 2.4GHz

Intel旧型CPUの特徴とスペック

32ナノプロセスとGPU統合!コードネームClarkdaleの「Core i3」「Core i5」シリーズ

グラフィックスインタフェース(GPU)をCPU内に統合、そして製造プロセスをが32ナノメートルに微細化しTDPも73Wと低い

Clarkdaleの「Core i3」「Core i5」シリーズを搭載したパソコンは低予算で有る程度の性能を持ったパソコンと言える。
Celeronでは物足りないがCore-i7搭載PCを選ぶ程ではないという方にはお薦めするCPUです。

メインストリーム向けCPU、コードネームLynnfieldの「Core i5」「Core i7」シリーズ

2009年9月8日に発表されたコードネームLynnfieldの「Core i7」と同時に発表された「Core i5」はメインストリーム向けのCPUだ。

コードネームLynnfieldの「Core i7」と「Core i5」の違いは「Core i5」がHyper Threading Technology(HTテクノロジ)を非搭載と言う事で内部構造は同じだ。

そして新コアLynnfieldの「Core i7」および、「Core i5」が旧コアのBloomfieldの「Core i7」の内部構造に加えPCIエクスプレスも内蔵しているのが大きな特徴だ。

またTDPも:Bloomfield「Core i7」の130WにくらべLynnfieldの「Core i7」は95Wに下がっているのも見逃せない特徴だ。

一般的なユーザーはLynnfieldの「Core i5」「Core i7」がオススメで一番人気はCore i7-870搭載パソコンです。

ハイエンド向けCPU、コードネーム「Gulftown」「Bloomfield」のCore i7シリーズ

コードネーム「Gulftown」は6コア内蔵のコンシューマ向け最速のCPU「Core i7-980X Extreme Edition」が有るハイエンド向けのCPUだ。

コードネームBloomfieldの「Core i7」はハイエンド向けでCPUで、トリプルチャンネルに対応するなどがLynnfieldの「Core i7」とは異なる。

性能を追求するならBloomfieldの「Core i7」さらに高性能ならGulftownの「Core i7」を選ぶ

新Lynnfield、旧Bloomfield Core i7 Core i5、6コア内蔵のGulftown Core i7EX Clarkdale Core i5比較表

コードネーム プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
TB GPU
統合
コア数 インテル
スマート
キャッシュ
プロセス
(nm)
TDP HT ソケット
Gulftown Core i7-995X
Extreme Edition
3.6GHz 3.86GHz No 6 12MB 32nm 130W LGA1366
Core i7-990X
Extreme Edition
3.46GHz 3.73GHz
Core i7-980X
Extreme Edition
3.33GHz 3.6GHz
Core i7-980 3.33GHz 3.6GHz
Core i7-970 3.20GHz 3.46GHz
Bloomfield Core i7-975
Extreme Edition
3.33GHz 3.6GHz No 4 8MB 45nm
Core i7-965
Extreme Edition
3.20GHz 3.46GHz
Core i7-960 3.20GHz 3.46GHz No 4 8MB 45nm 130W LGA1366
Core i7-950 3.06GHz 3.33GHz
Core i7-940 2.93GHz 3.20GHz
Core i7-930 2.80GHz 3.06GHz
Core i7-920 2.66GHz 2.93GHz
コードネーム プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
TB コア数 インテル
スマート
キャッシュ
プロセス
(nm)
TDP HT ソケット
Lynnfield Core i7-880 3.06GHz 3.73GHz No 4 8MB 45nm 95W LGA1156
Core i7-870 2.93GHz 3.6GHz
Core i7-860 2.80GHz 3.46GHz
Core i5-760 2.80GHz 3.46GHz No 4 8MB 45nm 95W × LGA1156
Core i5-750 2.66GHz 3.2GHz
コードネーム プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
TB コア数 インテル
スマート
キャッシュ
プロセス
(nm)
TDP HT ソケット
Clarkdale Core i5-680 3.6 3.86GHz Yes 2 4MB 32nm 73W LGA1156
Core i5-670 3.46GHz 3.73GHz
Core i5-661 3.33GHz 3.6GHz
Core i5-660 3.33GHz 3.6GHz
Core i5-650 3.20GHz 3.46GHz
Core i3-550 3.2GHz Yes 2 4MB 32nm 73W LGA1156
Core i3-540 3.06GHz
Core i3-530 2.93GHz

次世代アーキテクチャーNehalemからコードネームBloomfieldの「Core i7」シリーズ登場

QuickPath Interconnect(QPI)と呼ばれる新しいシリアルバスを採用

Nehalemの最大の特徴は、Intelの従来のフロントサイドバス(FSB)から決別し、AMDのHyperTransportと同様な高速シリアルバス、QuickPath Interconnect(QPI)と呼ばれる新しいシリアルバスにでCPUチップ間を接続するようにしたことである。
QPIは2バイト幅の伝送路を6.4Gbpsで信号伝送を行うので、両方向を合計すると25.6GB/sの転送性能をもっている。
従来のFSBでは、もっとも高性能な1600MHzのものでも転送性能は12.8GB/sであったので、2倍になっている。

メモリコントローラをCPU側に内蔵しトリプルチャンネルをサポート

メモリコントローラをCPU側に内蔵し、CPUがメモリへアクセスする時間(メモリレイテンシ)が削減され、CPUの待ち時間が減ることでCPUの処理能力が大幅に向上することになる。
また、トリプルチャンネルを同時アクセスする事でメモリ帯域は25.6GB/sになり、DDR2-800ディアルチャンネルの12.8GB/sの2倍になった。

しかし、AMDではQPIもメモリコントローラをCPU側に内蔵する事も既に採用しており、技術的には新規ではない。

負荷時に動作周波数を上げるTurbo Boost Technology

Core i7では、「Turbo Boost Technology」と呼ばれる機能が搭載された。
これは一種のオーバークロック機能でBIOS上には、この機能を有効にするための設定項目が用意されている。
そして、オーバークロックプロテクトが解除されているCore i7-965 Extreme Editionの場合は、Turbo Boostで動作する条件クロック(倍率)やTDP/ICCの上限を超えるような指定も可能になっている。

新採用されたL3キャッシュ

キャッシュは各コアあたり32Kバイトの1次キャッシュ、256Kバイトの2次キャッシュに加えて、各コアで共有する3次キャッシュが8Mバイト搭載される。

復活したHyper Threading Technology(HTテクノロジ)

Core i7シリーズは、クアッドコアとなっているが、以前Pentiumシリーズなどで採用されていたHyper Threading Technology(HTテクノロジ)に対応しているため、各コアあたり論理コアが2つある仕様になっている 。
このため、合計で、4コア×2=8つのコアがあるようにOSからは見える。

プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
コア数 QPI転送速度 L2 L3 プロセス
(nm)
TDP HT ソケット
Core i7 Extreme Edition i7-965 3.33GHz 4 6.4GT/sec 256KB×4 8MB(共有) 45nm 130W LGA1366
i7-965 3.20GHz
Core i7 i7-950 3.06GHz 4 4.8GT/sec 256KB×4 8MB(共有) 45nm 130W LGA1366
i7-940 2.93GHz
i7-930 2.80GHz
i7-920 2.66GHz

コードネーム「Penryn」45nmプロセスで製造されたCPUが登場

Penrynは、現行のCore 2シリーズの後継となるCPU。現行のCore 2同様にCoreマイクロアーキテクチャをベースに、キャッシュ容量を6MB(デュアルコア時、以下同)に増やし、新命令セット「SSE4」を実装する。

プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
コア数 FSB L2 プロセス
(nm)
TDP VT EM
64T
NX ソケット
Core 2 Extreme QX9775 3.2GHz 8 1,600MHz 6MB(共有)×2 45nm 150W LGA771
QX9770 3.2GHz 4 1,600MHz 136W LGA775
QX9650 3.0GHz 1,333MHz 130W
Core 2 Quad Q9650 3.0GHz 4 1,333MHz 6MB(共有)×2 45nm 95W LGA775
Q9550 2.83GHz
Q9450 2.66GHz
Q9400 2.66GHz 3MB(共有)×2
Q9300 2.50GHz
Core 2 Duo E8600 3.33GHz 2 1,333MHz 6MB(共有) 45nm 65W LGA775
E8500 3.16GHz
E8400 3.0GHz
E8200 2.66GHz
E8190 2.66GHz x
E7300 2.66GHz 2 1,066MHz 3MB(共有) 45nm 65W x LGA775
E7200 2.53GHz

65nmプロセスのCore 2 EXtreme、Core 2 Duo

Intelからデスクトップ向けCore 2プロセッサ、コードネーム:Conroeが登場した。
ちなにみノートブック向けCore 2プロセッサはコードネーム:Meromだ。

ConroeはPentiumDと同じデュアルコアを採用するインテルの次世代デスクトップPC向けCPUで
このConroeの登場により、インテルCPUが受け継いできた「Pentium」の文字が遂に無くなった。

Core 2 Extreme、Core 2 Duoの特徴

Conroe/Meromの主な機能として、14のパイプラインで最大4つの命令を同時実行できる
「ワイド・ダイナミック・エグゼキューション」や、
965チップセットと組み合わせることでデータ帯域幅を最適化してシステム性能を高める
「スマート・メモリー・アクセス」などを備えるほか、
共有型L2キャッシュを搭載することでデータ転送を最小限に抑え消費電力を削減する。

PentiumDより40%高速で、40%低消費電力

Pentium D 960(3.60GHz)とCore 2 Duo E6700との比較では、40%の性能向上と40%の消費電力削減が実現した。

64bitは苦手?

Intelの「Core Microarchitecture(Core MA)」アーキテクチャを採用した 「Core 2 EXtreme、Core 2 Duo」が、64bit時には性能が32bit時より落ちてしまう可能性ある。
しかし性能が落ちるのはアプリ次第で、多くのアプリでは64bitの方が性能が良い。
64bitのOS Windows Vistaと対応アプリが本格的に普及するのは2008~2009年頃と思われ、 あまり気にする必要は無いようだ。

Core 2シリーズから最適なCPUを選ぶ

作業内容、作業の重要性によりコードナンバー(動作周波数GHz)を決めていけば良いです。

日常的なアプリケーション、WEBブラウズやファイルの圧縮・解凍・暗号化なら

日常的な作業なら売れ筋のCore 2 Duo E6600で十分な性能を発揮します、作業内容、作業の重要性によりコードナンバー(動作周波数GHz)を決めれば良いでしょう。例えばたまにパソコンでインターネット、メールをする程度ならCore 2 Duo E6400またはE6300にするなどです。

WEBデザイン、画像編集

Core 2 Duo E6600で十分な性能を発揮します、少しでも快適に作業をしたいならE6700、E6750、E6850など予算に応じて決めると良いでしょう。

CPUをフルに使う、レンダリングやエンコード

レンダリングはクアッドコア対応であればクアッドコアCPUの威力が激烈で、Core 2 Quad Q6600、QX6700、Core 2 ExtremeQX6700、QX6800、QX6850など予算に応じて決めると良いでしょう。エンコードもレンダリング同様にクアッドコア対応であればクアッドコアCPUが良い。

各Core 2シリーズの機能

ソケットはLGA775を採用したデュアルコアプロセッサで、PentiumDと比べ大幅にTDPが減少している。

Core 2 Duo
シリーズ
プロセッサ
ナンバ
動作
周波数
GHz
コア数 FSB L2 プロセス
(nm)
TDP VT HT EM
64T
NX EIST
Core 2 Extreme QX6850 3GHz 4 1,333MHz 4MB×2 65nm 130W ×
QX6800 2.93GHz 1,066MHz
QX6700 2.66GHz
X6800 2.93GHz 2
Core 2 Quad Q6700 2.66GHz 4
Q6600 2.4GHz 4MB 75W
Core 2 Duo E6850 3GHz 2 1,333MHz 65W
E6750 2.66GHz
E6700 2.67GHz 1,066MHz
E6600 2.40GHz
E6420 2.13GHz 4MB
E6400 2.13GHz 2MB
E6320 1.86GHz 4MB
E6300 1.86GHz 2MB
E4500 2.20GHz 800MHz
E4400 2.00GHz × ×
E4300 1.80GHz × ×

Pentium の特徴

デュアルコアのインテル最新CPU PentiumD が登場し、性能がアップした。
しかしシングルスレッド実行時の性能はPentium 4 6xxシリーズの方が性能が高い様だ。

もちろん複数のアプリケーションを同時に処理する場合や、マルチスレッド対応のアプリケージョンであれば効果は大きいくPentium 4 6xxシリーズを上回る性能を発揮する。

動作クロックがアップしたPentium 4 9xxシリーズの登場で、今まで優勢だったAthlon64×2との勝負が面白くなった。CPU単体での性能はPentium 4 9xxシリーズの方が性能が高い。

しかしPentium 4 940・950などのTDPが130Wと空冷の限界に近づいた事は忘れてはならない!

FSB 1066MHzのPentium Extreme Edition 955

65nmプロセス、FSB1066MHzの「Pentium Extreme Edition 955」が登場した。

デュアルコアとHT テクノロジで4 つのスレッドを同時に処理可能だ、しかしTDPは依然として130Wと高い。
4スレッド同時実行など、かなりヘビーな使い方をする場合ではその性能を発揮するが、一般的なアプリケーションではその真価は発揮出来ない様だ。TMPGEnc 3.0 XPressを使用したエンコードでは4スレット同時処理により抜群の速さを発揮する。 詳しくはこちらを参照。

各Pentiumシリーズの機能
Pentium
シリーズ
プロセッサナンバ 動作周波数
GHz
FSB
(MHz)
コア数 プロセス
(nm)
TDP VT HT L2
キャッシュ
EM
64T
NX EIST
Pentium
Extreme Edition
965 3.73 1066 2 65 130W 2MB ×2 ×
955 3.46
840 3.2 800 90 × 1MB ×2
Pentium D 960 3.6 800 65 130W × 2MB ×2
950 3.4
940 3.2
930 3.0 95W
920 2.8
840 3.2 800 90 130W × × 1MB ×2
830 3.0
820 2.8 95W ×
Pentium 4 672 3.8 800 1 90 115W 2MB
670 ×
662 3.6 115W
661 86W ×
660 115W
651 3.4 86W
650 84W
641 3.2 86W
640 84W
631 3.0 86W
630 84W
516 2.93 533 不明 × 1MB ×
Pentium
シリーズ
プロセッサナンバ 動作周波数
GHz
FSB
(MHz)
コア数 プロセス TDP VT HT L2
キャッシュ
EM
64T
NX 拡張版SpeedStep