10コア「Core i7-6950X Extreme Edition」を発表

Core-i7-6950X-Extreme-Edition

米Intelは31日、コンシューマ向けCPUとして初めて10コアを内蔵する「Core i7-6950X Extreme Edition」など4製品を発表した。

コードネームは「Broadwell-E」で「Broadwell」は「Skylake」より古くデスクトップ向けのCPUには殆ど無く
モバイル、サーバー向けに多いCPUだった。

仕様比較表

Haswell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E
プロセッサナンバー Core i7-5960X Core i7-6950X Core i7-6900K Core i7-6850K Core i7-6800K
製造プロセス 22nm 14nm 14nm 14nm 14nm
キャッシュ 20MB 25MB 20MB 15MB 15MB
コア/スレッド 8/16 10/20 8/16 6/12 6/12
ベースクロック 3GHz 3GHz 3.2GHz 3.6GHz 3.4GHz
ターボブースト 3.5GHz 4.0GHz 4.0GHz 4.0GHz 3.9GHz
TDP 140W 140W 140W 140W 140W
PCI-Express レーン数 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3
メモリ 4ch
DDR4 1333/1600/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133

前世代の「Haswell-E」に比べ、マルチスレッド性能は最大で35%向上し、オーバークロック耐性も向上しているらしい。

これからベンチマークテストも行われると思うので
実際、前世代からの性能向上がどの程度なのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です