AMD 第3世代Ryzenシリーズを発売!消費電力少なくて速い!しかも安い!

第3世代Ryzen

製造プロセス7nmで消費電力が少なくて速い!しかも安い!Intelを圧倒!

AMDは第3世代Ryzenシリーズを発売しました!

7月7日に
Ryzen 9 3900X:12コア24スレッド 3.8~4.6GHz TDP=105W PassMark=32081
Ryzen 7 3700X: 8コア16スレッド 3.6~4.4GHz TDP= 65W PassMark=23879
Ryzen 5 3600X: 6コア12スレッド 3.8~4.4GHz TDP= 95W PassMark=20813
Ryzen 5 3600 : 6コア12スレッド 3.6~4.2GHz TDP= 65W PassMark=19980

5日遅れの7月12日
Ryzen 7 3800X: 8コア16スレッド 3.9~4.5GHz TDP=105W PassMark=24708

Intelのライバル第9世代Core iに比べTDPが低く価格も安いため発売直後から人気となっています。

注目ポイントは製造プロセスが7nmとなりIntelの第9世代や第2世代Ryzenの14nmよりも消費電力が少なくて速い、しかも安いと言う事です。
また、レーンあたりの帯域幅が従来のPCIe3.0の2倍に拡張されるPCIe4.0に対応した事も注目です。

一番人気はRyzen 7 3700X!TDP 65WでもCore i9 9900Kより速い!

一般用途では一番人気になると思われるRyzen 7 3700XですがIntelのライバルCore i9-9900K(Coffee Lake-S Refresh)と比較すると

Ryzen 7 3700X
8コア16スレッド 3.6~4.4GHz TDP= 65W PassMark=23879 CINEBENCH R15シングルコア=204/マルチコア=2114 実売価格=43000円

Core i9 9900K
8コア16スレッド 3.6~5.0GHz TDP= 95W PassMark=20560 CINEBENCH R15シングルコア=219/マルチコア=2081 実売価格=46000円

上記比較からも消費電力が少なくて速い、しかも安いと言う事がわかると思います。

唯一Core i9 9900Kに負けたのはCINEBENCH R15シングルコア性能でシングルコア性能は若干Core i9 9900Kが性能が良い事がわかります。

今後Intelはどう出るのか

Ryzen登場後劣勢のIntelは10nmのCannon Lakeもほぼ出荷できず、デスクトップ向け10nm Ice Lakeの出荷も絶望的と言われています。

満を持して登場したAMDの新CPU「RYZEN」でも書きましたが10年以上一人勝ちだったIntelは今後どう出るのでしょう。

第3世代Ryzen とライバル第9世代Core iのベンチマーク比較

※CPUコア数で絞り込むと比較しやすいです
第2世代Ryzen も参考の為 比較表に入れてます。

用途
CPUメーカー
CPUコードネーム
CPU世代
CPUブランド名
CPUナンバー
CPUナンバー枝番
CPUコア数
ベンチマーク値 価格 コストパフォーマンス等は並べ替える事が出来ます
メーカー
コードネーム
モデルナンバー
レビュー
グラフィックス
キャッシュ
メモリ
PCIeレーン数
ソケット
コア/スレッド
動作周波数
定格
最大
TDP
ベンチマーク値 PassMark
ベンチマーク値 CINEBENCH R15
シングルコア

マルチコア
参考価格
コスパ
{CPU_Maker}
{CPU_Codename}
{CPU_N}

{Link_01}

{GPU}
{Cache}={L2}{L3}
{RAM}({RAM_ch})
{PCIe}={PCIe_Lanes}
{socket}
{CPU_Core}/{CPU_thread}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}{CPU_C2_Unit}
{TDP_U}={TDP_NV}{TDP_W}
{SDP_U}
{SDP_NV}{SDP_W}
{TDP_NV}{TDP_W}
PassMark
{CPU_B_PM}
CINEBENCH R15
シングルコア
{CPU_B_CB_R15_s}
マルチコア
{CPU_B_CB_R15_m}
{Price}円
コスパ
{COSPA_bar}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です