定格4GHz TurboBoost時4.4GHz「Devil’s Canyon」ことCore i7-4790K

Devil's-Canyon

コードネームDevil’s Canyon(デビルズキャニオン)Core i7-4790Kが登場した!

コードネーム=デビルズキャニオンの名に相応しい性能を持つCPUで
悪魔のロゴもインパクトがある。

スペックは

4コア8スレット

周波数は定格で4.0GHz Turbo Boostで4.4GHz

内蔵グラフィックはHD4600

TDPは88W

対応ソケットはLGA1150

Core i7-4790Kが最上位CPUとなった訳だが今までの最上位CPUとの比較をしてみる

 

プロセッサ型番Core i7 4790KCore i7-4790Core i7-4770KCore i7 4770
コードネームDevil’s CanyonHaswell RefreshHaswellHaswell
CPU動作周波数(定格)4.0GHz3.6GHz3.5GHz3.4GHz
CPU動作周波数(TB時)4.4GHz4.0GHz3.9GHz3.9GHz
コア/スレッド4/84/84/84/8
GPUHD4600HD4600HD4600HD4600
キャッシュ8MB8MB8MB8MB
TDP88W84W84W84W
倍率可変××

コア/スレッド数、内蔵CPU、キャッシュに変わりは無いがCPU動作周波数に大きく違いがある

今までは0.1GHz刻みで上昇してきたものがCore i7-4790Kでは定格で4.0GHz Turbo Boostで4.4GHzと
一気に0.4GHzも上昇したのだ!これにはびっくり、その分TDPも88Wに上昇したが、
それは0.4GHzも周波数が上昇したのだがら仕方ないし納得出来る。

Core i7-4770KとCore i7 4770の場合定格で0.1GHzの差、TB時は同じ3.9GHz
実質、倍率可変が有るか無いかで(厳密には vProの有無等の差が有る)
K付きの違いはオーバークロックするかしないか、一般用途ではCore i7 4770で十分だった

しかし今回はCore i7-4790KとCore i7 4790を比較すると定格、TB時の両方0.4GHzもの違いが有る
選ぶとすれば迷わずCore i7-4790K!と私ならそうなる。

そんな魅力たっぷりのDevil’s Canyon Core i7-4790Kなのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です